フットボールネーションがひどいとは思わない理由を書いてみた

フットボールネーションがひどいとは思わない理由を書いてみた

「ゆる筋トレ」を取り入れたサッカー漫画『フットボールネーション』

「それってホントに効果あるの?」「うそだ~」と思う方もいるでしょう。

以前は全力疾走するとふとももの前がガチガチに張ってしまい、苦しい思いをしました。

今は筋肉こそ落ちたものの力まず走れるようになっていますので、体験談を交えてお伝えしましょう。

私は一時期、アクション映画の見過ぎで「ボディビルダーのように体をバキバキに鍛えること」に憧れていました。

自己流でがむしゃらにスクワットをしまくった結果、ヒラメ筋が盛り上がったたくましい脚に。

でも残念ながら、50メートル走は10秒以上かかるような鈍足でした。

 

フットボールネーションの理論が嘘でないと考える理由

太極拳をやって似たような経験をしたから

私は23歳のとき、数か月間楊式太極拳の教室に通ってました。

最初からキックやパンチの練習が始まるのかと思いきや、とにかく「筋肉を丁寧に動かす」というのを徹底。

足を地面に着地させるときは、
親指→つま先全体→かかと
と、面ではなくて点で着地を意識させられました。

当然のことながら、余計な力は入りようがありません。

ゆっくりなめらかに手足を動かすので、まったく強そうじゃないし。

…が、力をどうやって受け流すか、どうやって相手に返すかということも学び始めると体のガチガチ感が薄れていきました。

例えば子供が突進してきたときに、頑張って止めようとするとふっとばされます。

でも向かってくる力の向きに逆らわず、ふいっと横に逃げると自分は体勢を崩さずにいられるんです。

しなやかな動きを練習しておいたせいか、今子供を追いかけたり全力疾走するときにふともものストッパーがかからなくなりました。

簡単な動きなのにゆる体操をやるといろんな筋肉が動く

ゆる体操は床に脚を投げ出して足首をゆらゆらさせるものや、「膝コゾ」のようにヒザにふくらはぎをのせてマッサージをするものがあります。

私は座っての仕事が多く、休日すら運動しません。

走るのは速くなったようですが、スタミナはそれほどでもないため子供の世話が終わるとたいていぐったりしているからです。

そんななかでも「膝コゾ」や「腰モゾ」を寝る前に数回やっていて、まだめきめきと効果が表れたわけではありませんが…

ある違いを発見しました。

左足ふくらはぎで「膝コゾ」をやると「程よく痛気持ちい」感覚があります。

対して右足ふくらはぎで軽~く「膝コゾ」運動をするとめちゃくちゃ痛い。

でも生理中のすさまじい「ぎゅーっと締め付けるような腹痛」「寒気」が今回は和らいでいました。

(膝コゾをやる前は、最大量まで痛み止めを飲む)

血流が良くなったためか休日少しだけ子供を連れて外に行ける日も出てきましたし、苦手だったラケットを振る動きも以前よりは楽になった気がします。

ゆる体操の効果まとめ

運動をする時はもちろん筋力トレーニングは必要です。

しかし、「ちょうどいいトレーニング」「正しいトレーニング」というのが教育現場でもなかなか定着していない気もします。

一時期太極拳・八卦掌の教室に通っていた時、「ストレッチ」と称していわゆる「女の子ずわり」を指導している方がいましたが指導している本人は股関節に良くないということを知らないようでした。

仮に大人の世界ではちゃんとしたトレーニングがされていたとしても、小学校中学校でスポーツを理論として説明できる教員がどれくらいいるかは疑問です。

ゆる体操については賛否両論ありますよね。

そもそものところ正確なフォームでの筋トレ指導がされればうまく体を使えないという生徒も減るでしょう。

私のように筋肉が一部分だけガチガチについてしまったような人にとって、ゆる体操、太極拳といった筋肉を激しく動かさない運動は向いているように思います。

スポーツ科学の観点で誕生。MIDFOOTシューズ

サッカー漫画カテゴリの最新記事