sugawarayu

1/2ページ
  • 2021.07.13

競馬の調教コースについて。キックバックの起きにくいコースとは?

はじめに 競馬を知る前は、競走馬と言うものはみんな「走る気満々で、毎回目を血走らせているものだ」と思い込んでいました。 でも馬の中にはブチコのように、出走前のゲートで暴れてしまう「走るのが苦手な子」がいます。 ダンビュライトのように「テンションがあがりすぎてしまって騎手を振り落とす」タイプの子もいます。 馬も人と同じで、いろんな性格の子がいると分かって面白いんですよ。 今回は馬が重賞に向けていろい […]

  • 2021.07.12

競馬新聞はどれを選ぶ?数字だらけだけどちゃんと意味がある

「ウマジョ」という言葉を聴くようになりましたが、女性には敷居が高く感じられますよね。 なにせ16~18頭もいる、人間とはまるで別物の生き物のことを知って予想しなくてはならないし、言葉も難しそうだし。 最初はぜんぜん興味がなかったのですが、夫に誘われて買ったワイド馬券で当たってしまったのをきっかけに馬の沼へと落ちました。 ブラッドスポーツとも呼ばれる競馬沼は、とにかく奥が深い! ぜんぶを理解するのは […]

糖質制限したのに一ヶ月しても痩せない!お腹ぶよぶよの原因は?

自粛太りでぶよぶよのお腹周りを何とかしようと糖質制限を始めたけれど、つらくて続かない。 やってみたけど、ドカ食いしてしまう。 そんなあなたに「食事内容よりも〇〇を重視して健康になる方法」をお伝えします。 【重要】現在糖尿病の治療を受けている方は、かならず主治医の指示に従ってください。今回ご紹介するのは「お腹がポッコリしていて気になる」と悩んでいる方向けの内容です。

セブン限定ムーミンタンブラーの評判と口コミは?蓋付きのものはある?

コンビニで買ったカップコーヒーやドリンクを買ったもののすぐに飲めなかった。 持ち歩いていたら、飲み物が染み出したりぬるくなってしまった。 あなたもそんなことありませんか? 今回ご紹介するタンブラーは争奪戦必至の人気商品。ムック本の付録になっているムーミンタンブラーです。

サッカー漫画が勉強になる!ボランチって初めて聞いた!

現在のJリーグが開幕したときには小学生向けの雑誌でも「MFとは、DFとは~」といった説明がされていました。 20年前には聞いたこともなかった「ボランチ」と言う言葉を目にしたのが『フットボールネーション』。 ボランチってなーに? ボランチとはざっくりいうと、サッカーコートの味方側の範囲、特に中心付近でサポートをするようなポジションです。 コート上のスペースを気にして「がら空き」の場所を作らないように […]

京都スタジアムの芝が聖火リレー後に変色…!|芝生の張り替えに必要な期間はどれくらい?

今年度開催予定の東京オリンピック2020ですが、また思わぬトラブルを起こしてしまいました。 新型コロナウイルスの影響で、これまでどおり聖火リレーができないため会場を借りたのですが芝生を傷めてしまったんですね。 芝生の張り替えにかなりの金額がかかるようですが、どれくらい時間がかかるのか、なぜこれだけの金額になるのか調べてみました。

フットボールネーション。理論=スポーツの文化がまだまだ根付きにくい

今では信じがたいでしょうが、今から20年くらい前はスポーツができて勉強が苦手な人を「脳みそ筋肉」とよんだりその逆の人を「運動オンチ」などといってお互いに見下すようなふんいきがありました。 今回紹介する5話は、主人公の沖千尋が「サッカーをやるためだったらなんでもやってやる」と言い切る、少し狂気的な迫力すら感じさせる話です。 フットボールネーション4話。野球の練習とサッカーがどう関係するの? 第5話 […]

フットボールネーション4話。野球の練習とサッカーがどう関係するの?

今回の話ではなんと、サッカーチームなのに野球の練習をするという展開です。 とはいえ、当然サッカーにも関連する話ですよ、もちろん。 キーワードは深視力と俯瞰力です。ちなみに俯瞰力についてはすでに第2話でちょろっと出てきます。 第4話 東京クルセイドの指導者である高橋は、沖の見えている世界を伝えるために野球の練習に誘います。 高橋が打つボールをグローブでキャッチしようとするも、大半のメンバーはうろたえ […]

フットボールネーション。歩き方から変えるということ。感想3話

今回は走り方についての話。 よく考えたら、正しい走り方や歩き方って改めて教わったことがないと思う。 「歩き方を教えるって、学校まで歩いてきてるよ、わかってる」と言われそうなのは私にだってわかります。 おそらく指導する学校の先生だって正しい走り方、負担をかけない歩き方を全員が学んでいるわけではないから仕方ない。 第3話 作品に登場する日本人選手の走るフォームが、「大腿四頭筋でももを持ち上げ」「頭を上 […]